NewsNews

山の洲文化財交流展 いよいよ静岡へ 【更新】

長野、新潟、山梨と巡回した、令和5年度山の洲文化財交流展「発掘が語る地域交流 フォッサマグナがつなぐ 新潟 長野 山梨 静岡」がいよいよ最終会場である静岡県立美術館にやってきます。

フォッサマグナ(糸魚川・静岡構造線)でつながる中央日本四県の交流の歴史が、各県それぞれの個性豊かな出土品の展示によって、示されています。
「新潟県の石」に指定されているヒスイの本場、新潟県出土のヒスイ製品や華麗な装飾で有名な火焔型土器など静岡ではなかなか見ることができない逸品が多数展示されています。
是非ともこの機会にご覧ください。

また、3月2日土曜日には、記念講演会と4県の研究者によるパネルトークが静岡県立美術館講堂で開催されます。
こちらにも是非ご参加ください。

 

【会場】静岡県立美術館 県民ギャラリー

【開催期間】2月15日(木)~3月9日(土)

【開館時間】10:00~17:30

【休館日】毎週月曜日

【観覧料】無料

⇒山の洲文化財交流展チラシはこちら

⇒記念講演会(3月2日)の申込はこちら

 新潟会場の様子

ページ上部へ